スポンサードリンク
Home >> CAD教室 >> CADを習得してからのことを考える

CADを習得してからのことを考える

  何の資格を取得しても言えることだと思いますが、その資格を活かせる人と活かすことができない人との差はしっかりとした目標があるかないかにかかっているのではないかと思います。

資格を取っても活かさなければもったいないですね。資格を取ることに満足するのではなくできるだけ活かしましょう。

ここでは『CAD』についてお話してみたいと思います。
CADの資格を取るために教室に通う方は多いと思います。
しかし、教室に通う前にでも何かしら目標を持つことで、吸収力に違いが出てくると思います。

CAD教室に通う前には以下のようなことを一度考えてみてはいかがでしょうか。

CADの資格を取得して、どのように将来に活かしていきたいか。
・自分が就きたい職業には本当にCADが必要なのか。

以上、二つをまずは考えてからCAD教室を選ぶようにしましょう。これを考えるのと考えないのとでは大きく差が出てくると思いますよ。

CADの仕事のひとつであるCADオペレーターについて、労働時間のことを少し挙げてみたいと思います。
CADオペレーターが主に携わる業務は設計が多いために『納期』と言うものが切られる場合が多いです。そのために、比較的残業も多いですしパソコンの前に1日中座りっぱなしという日も少なくないと思います。
ですから運動を行うなどで自分の体のメンテナンスなどは常にしておく必要があると思います。

CAD教室なり通信教育なりで基礎知識を学び、CADの仕事についてやりがいを見つけてみてはいかがでしょうか?


| takeuma66 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 2010.04.18 Sunday | category:CAD教室
Comment








Trackback